スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党大敗!大物議員も相次ぎ落選。


事前の予想どおり、自民党が歴史的大敗を期した衆議院選挙は民主党の大勝利となり、議席を大幅に伸ばし政権交代を果たしました。
自民党はまさかの大物議員までバタバタと討ち死にしてしまって、ちょっと驚きましたね!

大臣経験者ばかりでなく、派閥の党首や総理経験者、党の代表までが落選し自民党にとっては惨い状態。

生き残り組みは切腹か打ち首か?




自民党の終焉

自民党の終焉

民主党が政権をとる日角川SSC新書 著者:森田実出版社:角川・エス・エス・コミュニケーションズサイズ:新書ページ数:190p発行年月:2007年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)2007年7月29日の参議院選挙で、自民・公明連立政権は歴史的な大敗を喫した。内閣改造後も政治家のスキャンダルが相次ぐなか、安倍首相は臨時国会開会中に政権を投げ出し、辞任へ?。混迷する政局のなか、民主党は、衆議院の解散総選挙、政権獲得をめざして対決姿勢をますます強める。民主党が政権をとることで日本の政治はどう変わるのか?自民党政治はなぜここまで腐敗したのか?政権交代に向けて・・・楽天ブックスの商品はコチラ




以下、(自民大物相次ぎ落選、常勝区でも議席明け渡す(読売新聞) より引用)


自民大物相次ぎ落選、常勝区でも議席明け渡す(読売新聞)

 歴史的な惨敗を喫した自民党は、派閥領袖や閣僚経験者らの「大物」が相次いで落選、常勝を誇ってきた小選挙区の多くでも、議席を明け渡した。

 派閥領袖では、福岡2区で山崎派会長の山崎拓・前副総裁が落選し、党3役では、群馬2区で笹川尭総務会長が落選した。閣僚経験者では、北海道11区で中川昭一・前財務・金融相、茨城1区で赤城徳彦・元農相、茨城6区で丹羽雄哉・元厚相、栃木1区で船田元・元経企庁長官、東京16区で島村宜伸・元農相、山梨2区で堀内光雄・元通産相、静岡3区で柳沢伯夫・前厚生労働相、大阪18区で中山太郎・元外相、福岡3区で太田誠一・前農相、長崎2区で久間章生・元防衛相が落選した。

 自民党が、これまで“金城湯池”としていた小選挙区でも多くの議席を失った。全国300小選挙区のうち、1996年~2005年の4度の衆院選で自民党公認候補が4連勝した小選挙区は、3分の1近い95に上る。しかし、今回は青森1区、栃木3区、宮崎1区で公認候補を立てられず、「不戦敗」に。残る92選挙区でも、群馬1区の尾身幸次・元財務相など55選挙区で議席を失った。島根、愛媛両県では、4回連続で自民党が全小選挙区を制してきたが、愛媛3区で民主党の新人に議席を明け渡すなど、「保守王国」の牙城が崩れた。



以前もお伝えしたがバカ議員が多い福岡では、
前副総裁で山崎派会長の山崎拓が落選。
前農相の太田誠一も落選。

群馬2区では笹川尭総務会長が落選。
北海道11区で前財務・金融相の中川昭一はアル中なので当然落選。
長崎2区では久間章生・元防衛相が、長崎県民に愛想を着かされ落選。

愛知9区では元首相の海部俊樹が民主前職を相手に敗北し、政界引退の意向を表明した。

東京12区では公明党代表の太田昭宏が、大阪16区でも公明党の北側一雄幹事長が落選した。選挙に強かった公明党も半自民党の煽りを食った!

その他、
最大派閥である町村派会長の町村信孝前官房長官、
裏工作が好きな狸おやじの中川秀直元幹事長、
ちょっと勘違いしすぎたお嬢様、小池百合子元防衛相、
は小選挙区で落選したものの比例で命拾いした。

あとは切腹あるのみ。。





自民党政治の終わり

自民党政治の終わり

ちくま新書 著者:野中尚人出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:253p発行年月:2008年09月この著者の新着メールを登録する苦境に立つ自民党。そのシステムは既に崩壊している。その来歴を明らかにし、今後を展望する。巨大政党はどこへ行く?<目次>第一章 自民党システムへの反逆者、小沢一郎第二章 救世主にして破壊者、小泉純一郎第三章 自民党システムとは何か?第四章 歴史と比較から見た自民党システム第五章 自民党システムの終焉【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦後日本の長きにわたって政権党であり続けた自由民主党。派閥ごとに結束し、年功序列型の人事制度をもち、後援会と各種業界団体に支えられ・・・楽天ブックスの商品はコチラ




 各都道府県の県庁所在地を含む1区では、05年衆院選で自民党が32勝と、民主党(13勝)を大きく上回ったが、今回、民主党は37の選挙区を制しており、自民党は8議席にとどまった。

 05年衆院選で与党の24勝1敗だった東京では、21選挙区で民主党が議席を獲得した。

 同選挙で小泉首相(当時)が巻き起こした旋風に乗り、初当選した自民党の「小泉チルドレン」も苦戦を強いられた。小選挙区には今回、65人が出馬したが、議席を確保できたのは、福井1区の稲田朋美氏など3人にとどまった。



引用はここまで。




しかし、A級戦犯の麻生太郎は当選!
まぁ、あそこは昔から、「麻生に逆らうと商売できない」と言われるほど、麻生グループが締めている特殊な地域ですからね・・

落選した議員先生達はさぞかし麻生さんを怨んでいることでしょう。
麻生さんはどう思ってるんでしょうか?

判断力がない愚か物をトップに据えると組織が滅ぶといういい例です。
そういえば私の周りにいました、福岡市天神にバカな社長が・・・!

早く見切りつけてよかった、よかった!










タウン情報:福岡県 整骨院 鍼灸院   大阪府 鍼灸院 整骨院   長崎県 弁護士 法律事務所

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

tag : 衆議院 選挙 自民党 議員 落選 民主党 政権交代

あなたにおすすめ!
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
TOPページ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
開運!風水鑑定団
開運!占い鑑定団
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。