スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのレバレッジ規制は金融庁のおせっかい?


最近、FX(外国為替証拠金取引)をしている個人投資家は株をやっている人より多いんじゃないかと思うほど人気ですが、その理由は、

1.FXは株のように種類が多くないので簡単
2.スワップポイントという、高い利息がもらえる
3.FXはレバレッジが400倍とか設定できるので、おこずかい程度の資金でもできる

というところではないでしょう。。

しかし、そのレバレッジの倍率を金融庁が大幅規制すると言い出しちゃったんですね!

まずはその記事をご覧下さい。




知識ゼロからの外貨〈FX〉投資入門


知識ゼロからの外貨〈FX〉投資入門

株よりカンタン!儲かる!PHP文庫 著者:Kazu/オクトキュービック出版社:PHP研究所サイズ:文庫ページ数:221p発行年月:2006年11月この著者の新着メールを登録する⇒第2弾『知識ゼロからのFX投資&チャート入門』もどうぞ⇒『外貨投資(FX)入門』特集はこちら【内容情報】(「BOOK」データベースより)個人投資家の間で注目されている外国為替証拠金“FX”取引。「株より簡単で儲かる!」と話題の資産運用法だが、何から始めればよいのかわからない人も多いはず。本書は元銀行マンで「普通の人トレーダー」を自称する著者が書いた“FX”投資の入門書。為替のしくみから投資先通貨の選び方、注文の出し方ま・・・楽天ブックスの商品はコチラ




以下、(FXのレバレッジ規制 倍率下げに投資家猛反発(J-CASTニュース) より引用)



 個人投資家のあいだで急速に広がっている外国為替証拠金取引(FX)。わずかな資金を元手に、高い倍率で投資するほど少額で大きく儲かる「レバレッジ」が人気の秘密だが、金融庁は、投資家保護の名の下にレバレッジの倍率を規制しようとしている。ところが、個人投資家は猛反対。しかも、レバレッジを抑えても投資家に不利になる可能性があるというのだ。



あくまでも決定ではなくて、投資家の意向も聞きながら決めていくという事らしいが、レバレッジ25倍では魅力が無いということで、FX人気も一気に覚めてしまう可能性があります。

金融庁は唯一活気あるマーケットに水を差すつもりなのでしょうか?



田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック


田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック

成功者が実践する投資法Winner’s method series 著者:田平雅哉出版社:日本実業出版社サイズ:単行本ページ数:205p発行年月:2005年11月この著者の新着メールを登録する◆日本実業出版社究極の投資本FX(外国為替保証金取引)投資とは何か、儲け続けるためにはどういう行動が必要なのか、それを裏打ちする投資哲学のあり方、FXトレードに勝つための「投資鉄則(ルール)7か条」の使用法などについて解説する。⇒『外貨投資(FX)入門』特集はこちら【内容情報】(「BOOK」データベースより)合理的なロジックで「外貨投資」を徹底攻略。「ホントに儲かる」と圧倒的な支持を受けた、ドクター田平の・・・楽天ブックスの商品はコチラ




■金融庁は「やり過ぎ」投資家に「規制不要」の声


 金融庁が示しているFXの証拠金倍率(レバレッジ)は「最大25倍程度」。この案に対して、個人投資家は猛反対だ。


 FXCMジャパンを傘下に抱えるGCIキャピタルのインターネット調査(411人が回答)では、個人投資家の84.7%が金融庁の規制案に反対している。反対する投資家の多くは運用額が20万円未満の投資家だった。


 また、規制が導入された場合の投資行動については、「1回あたりの取引額を変える」と回答した投資家が24.6%。「取引をやめる」との回答も17.5%あった。


 矢野経済研究所がまとめた「レバレッジ規制に対するFX投資家2665名の声」によると、投資家の78.8%がレバレッジ規制に反対している。賛成は6.3%だけ。取引履歴の長い投資家ほど反対する声が多くなっていて、5年以上の取引がある投資家は82.6%が反対。さらに、金融庁が示している「レバレッジ20~30倍」案にしぼると、90.5%が反対だ。


 規制が導入された場合の投資行動については、「トレードスタイル・手法の見直し・検討」が35.1%、「取引をやめて他の金融商品への移行・検討」は21.7%いた。


 投資は自己責任が原則だ。ある個人投資家は、「レバレッジは自分で選べる。20倍であろうが100倍だろうが、自分で選んで取引しているのだから、それで損が出ても自分の責任。金融庁はやり過ぎだ」という。


■証拠金が足りなくなって取引できなくなる?


 金融庁はFXのレバレッジ規制について、2009年6月29日までパブリックコメントを受け付けており、「寄せられた意見を踏まえて検討し、決めていく」と話す。


 金融庁がレバレッジ規制を導入する狙いは、過度な投機的取引を抑えること。FX投資家のすそ野が急速に拡大して、投資初心者が少なくないことや、世界的な金融危機による為替相場の混乱で、短期間で大きく損した投資家が増えたという事情もある。


 投資家の損失を抑えるため、FX業者も一定の損失について強制的にロスカットする仕組みを導入しているが、それでは不十分というわけだ。


 「倍率を引き下げると証拠金が足りなくなって取引できなくなる」――。あるFX業者には、投資家からこんな質問が増えている。


 たとえば、1万ドル(100万円相当)を取引するのに、レバレッジ100倍に必要な証拠金は1万円。これがレバレッジ20倍だと5万円になるので、4万円不足する。投資家は証拠金の積み増しを求められるのではないか、と心配しているのだ。


 あるFX業者は、「かなり面倒なことになりますよ。それだけで、取引しなくなる恐れが十分にあります。規制が強化されれば、投資家のFX離れは間違いなく進むと思います」と不安そうだ。



引用はここまで。




でも私の本音をいうと、普通にFXをしている人にとっては、この問題どうってこと無いんですよ。
この規制で困るのは以下の二つのタイプの人達なんです。

1.20~30万くらいの少ない資金でFXをやっている人達。
2.小さな利ざやをとる為に、大きな資金を必要とするデイトレ派の人達。

でもこういう人達も外国為替証拠金取引をする権利はあるわけですからねぇ。
反発するのは当然でしょう!

まぁ、結局レバレッジ50倍くらいのところに落ち着くんでしょうね?




私のFXバイブル


私のFXバイブル

必要な知識、使えるテクがぜ?んぶこの1冊に! 著者:田平雅哉/Diamond ZAi編集部出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:157p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録する「ビジネス力」を磨く本特集!時代を生き抜く知恵を身につけようなぜ円高でも円安でも稼げるのか?マル秘テクニックをカラー図解で大公開!FXに必要な知識のすべてを、カリスマ・トレーダーがトコトンやさしく指導。特にチャート分析は目から鱗のわかりやすさ!⇒「外貨投資(FX)入門」はこちら【内容情報】(「BOOK」データベースより)この本はドクター田平(浪花のカリスマ・トレーダー)と、ダイヤモンドザイが知恵を・・・楽天ブックスの商品はコチラ







テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

tag : FX 外国為替証拠金取引 レバレッジ 規制 スワップ金利

あなたにおすすめ!
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
TOPページ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
開運!風水鑑定団
開運!占い鑑定団
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。