スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島田洋七の「佐賀のがばいばあちゃん」はウソかホラか!?


島田洋七といえば、1000万部を売った、"佐賀のがばいばあちゃん"の作者。
そして、"佐賀のがばいばあちゃん"といえば、このブログのタイトルをパクッタ本???

その"がばいばあちゃん"の内容が嘘ではないかと、紳助が言い出して話題になってます。




【古本】佐賀のがばいばあちゃん/島田洋七

【古本】佐賀のがばいばあちゃん/島田洋七

作者:島田洋七初版発刊月:2004年01月文庫小説 約15x10cmISBN:4198920001・・・ユーブック楽天市場店の商品はコチラ


¥210




以下、(洋七に「虚言癖」?? 紳助がテレビで暴露(J-CASTニュース) より引用)



 大ベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」の作者・島田洋七さんが、朝日新聞のインタビューでちょっとした「ウソ」をつき、それが掲載されていた。島田紳助さんがテレビ番組で「追及」し、洋七さんもそれを認めた。もっとも洋七さんは「ホラとかウソはつくべきですよ」といい、芸風だといわんばかりだ。

■「甲子園にセカンドで出た」?

 紳助さんと洋七さんが出演したのは、2009年4月6日に放送された日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」。洋七さんを見て芸能界に入りたいと思ったくらい、お笑いの才能に満ち溢れていて、とても尊敬している。そう紳助さんは持ち上げる一方で、虚言癖のかたまりのような人だとも紹介した。

 たとえば、こんな例だ。

  「広島の広陵高校の野球部出身で、甲子園にセカンドで出た」

 洋七さんはずっとこう言い続けてきたのだという。しかしそれはウソ。このウソを信じたテレビ局もあり、広陵高校野球部監督とのご対面企画を持ってきた。その際、セカンドを守っていた生徒とは名字が違う、と指摘されると、「母親、離婚したんです」と目に涙を溜めて答えたのだそうだ。

 次に番組では朝日新聞の06年8月17日の紙面が映し出された。それは洋七さんが高校野球甲子園大会について語った、顔写真入りの記事だった。洋七さんはそこでこう語っていた。

  「ばあちゃんはこうも言ってたなあ。『高校野球は引き分けがいい』って。孫と同じような年の子供たちが勝ち負けでくっきり分けられるのが嫌だったのかな」

 番組では、人生のうんちくを語る「がばいばあちゃん」も、ひょっとして洋七さんの作り話しなのではないか、という疑問も出ていた。この記事を紳助さんが紹介したとき、「ばあちゃんは絶対言っていない!」という声が出演者達から漏れた。紳助さんは、この記事の信憑性は低いとし、

  「朝日新聞社!(洋七さんに)訊きに行くなよ!! 」

と叫んだ。


続きはこちら・・・




九州では、がばいばあちゃんの映画版が、明日から先行公開されますが、結構ヒットするのではないでしょうか?

ちなみに、このブログのタイトルは何でこんなタイトルかというと・・
私が佐賀県出身だという事と、私の本名が、洋七さんの本名と同じ「あきひろ」だからです 。。

結局パクリ!?






【古本】がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!/島田洋七

【古本】がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!/島田洋七

作者:島田洋七初版発刊月:2005年01月文庫小説 約15x10cmISBN:4198921849・・・ユーブック楽天市場店の商品はコチラ

¥210







今日のコメント:ブッキン

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 島田洋七 島田伸介 佐賀 がばいばあちゃん

あなたにおすすめ!
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
TOPページ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
開運!風水鑑定団
開運!占い鑑定団
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。